アマガエルの大合笑

更新速度:ポルシェ程度 ぴろよによるお笑いLIVEブログ

ゾフィー第4回単独ライブ「TeHe」 2018-02-03-020

元・日本で一番面白いフリーのコント師

ゾフィーのことを「日本一面白いフリーのコント師」と呼ぶことが出来なくなってしまった。キングオブコント2017決勝進出後、グレープカンパニー*1に所属することになったからだ。
日本一面白いフリーの・・・ではなくなっても彼らが非常に面白いことに変わりはない。
坊主・上田航平の演技は熱演と言う言葉がぴったりくる。熱演が暑苦しくないという意味において大竹しのぶに匹敵すると思っている。そんな演者はなかなかお目にかかれない。*2サイトウナオキの包み込むような受けの演技は上田の演技と相性バツグンだ。受けの演技が際立つ演者もなかなかお目にかかれない。自分で望んで演者の立場を選ぶ「プロではない」者によく見られる、とにかく「前へ前へ」出ればいいと思っていて結果目障りになってしまうという残念な傾向。その後、プロになっていくのは「前へ前へ」の熱が目障りどころか不可欠な者か、受けという技術的にも心理的にも非常に高いハードルを超えなくては得られないモノを手にした者なのだろう。熱と受け。完璧なプロのバランスと多彩な引き出し。元・日本で一番面白いフリーのコント師が別の日本一になる瞬間を見る日もそう遠くはない気がする。

トラブルも旨味

初日の昼は映像が出ないトラブルあり。オープニングVが曲のみだったり、1本目終わりに上田が急遽トークで繋いだり。バタバタとしたライブの裏側まで感じられてお得。
さらに流れなかったVがライブ後に楽しめる構造。急遽なのかオマケなのか。。。ネタは言うまでもなく本当に全て素晴らしい。自殺設定好きだなとか、海外ドラマの作家が交替でストーリーを描くコント(ファイナルデッドシティ)が結構新境地の感じするな、とか。

参考:
オープニングV

www.youtube.com

2本目のコントの予約サイト



芸が細かい
f:id:piroyo:20180304164217j:plain
結局繋がらない
*3

ユーロライブは上手側の席に座ると袖で演者が移動するのが感じられて非常に趣深い。



ネタやV

棒高跳びの男
V:OpeningV(エラーで音楽のみ)
ホームランを君に
V:上田お詫びMC(予約フォームを使ったVで何かをしたかったのかと)
誘拐後...
V:本当にあった地球の・・・
死体は語らない
V:センチメンタルクレーム
恋する学生
V:大人のための英会話
ファイナルデッドシティ
V:脱線料理
楽しい漫画
弁当と平和

弁当と平和もよかったな。全然違うネタをキングオブコントでやって欲しいかもしれない。

ゾフィー第4回単独ライブ「TeHe」
日時:2018/2/3(土) 15:00~ 85分(※5分押しは機材関連でかと思う)
場所:ユーロライブ(渋谷)
料金:前売:3000円  当日:3500円

*1:サンドイッチマン・永野・カミナリ・東京ホテイソンらも所属する事務所

*2:芸人では他にマッハスピード豪速球の坂巻裕哉も熱演が暑苦しくない

*3:"君塚ホームランセンター web予約フォーム"で検索すると出てくる(2018/03/04現在。別の君塚ホームランセンターも出てくるので注意