アマガエルの大合笑

更新速度:ポルシェ程度 ぴろよによるお笑いLIVEブログ

トンツカタン×卯月×岡野陽一といかちゃんの「オールナイト9」2018-03-30-047

夜は寝る女とオールナイトライブ


オールナイトか・・・

昔から夜遊びは大好きだが24:00過ぎると寝る。
人んちでも寝る。店でも寝る。静かだろうが大音量だろうが寝る。

うん、苦手だオールナイト。
さらに裏ではこんなライブ
まんじゅう大帝国のおしゃべり大外交 – LOFT PROJECT SCHEDULE
リンク先が切れてもタイトルだけは残しておきたい、そうまんじゅう大帝国初のトークライブ。

どちらか一つだけだったら「オールナイトはどうせ寝るから」と行かなかった。
ただ2つ開催されることで「なぜか迷う」という思考回路が発動しなぜかまんまとSHIBUYA LOFT9に向かっていたのだ・・・
はぁ・・・どういうこと?

結果、寝た。ただ4時間の公演中20分程度だ。よくやった。

特に卯月パート。お目目ぱっちりとはこのこと。
26:00台という非常に厳しい時間帯ではあったがチケット代が10倍になってもよかったという感慨を得る。



トンツカタン60分パートでそれぞれの休日話

15分休憩

卯月45分パート(詳細後述)

15分休憩

即席ユニット:岡野陽一といかちゃんパート30分 まるで父と娘のような会話

15分休憩

全員が出てきて60分:配信ナシとは言え借金・東京03・貪欲な卯月酒井・・・くらいしかキーワードがなかったような


かろうじて全員が写る写真



お話を作るのが好きだったじゃないの、私たち

卯月45分パート詳細

ラママ*1の出番を終えて既に泥酔、酒を注文する酒井・木場。 本当に飲めないのか自分だけはしっかりせねばなのかクリームソーダを注文する林田。

最初、芸人仲間4人で同居生活をはじめた木場の話や初期の卯月を応援している同級生の話・・・等々ファンサービス感のある雑談から。

TV・ラジオのレギュラーを逃し木場のちょっとうるさいお笑いマニアさながらの分析をしはじめたあたりから雰囲気が一変*2 トリオのメディアでの扱われ方とそれへの対応、2人ネタの用意、最高傑作*3ネタ:募金について、そして「きちんと集まってネタを作る時間を取ろう」「昔はもっと練ってストーリーを一生懸命作っていた(が今は時間がない・・・)」そして「昔はもっとお話を作るのが好きだったじゃないの、私たち。練って練ってさ・・・」と酒井等。
泥酔なのにいつも通り流暢に話す木場と泥酔して初めてそのトーク力を人前でいかんなく発揮出来た酒井はこの日のミモノ。

詳しくはこちらの動画を見ていただきたい
freshlive.tv

※多分60日前後限定のアーカイブだと思うのでリンクが切れたらこの記事からも削除する

改めて見てもとても面白い
改めて見るとあの時ほどの衝撃はない

私が何に衝撃を受けたか。
こちらの記事を読んでいただいても読まなくてもいいのだが↓
卯月 第一回 単独公演「そうですか」 2018-01-25-26-014-015 - アマガエルの大合笑

卯月初の単独ライブに行った際、実際面白かったのと盛り上がりに水を差したくなくて遠回りにしか言えなかった言葉がある。
「それでも募金を超えるネタはない」と。

やはりストーリーや構成が練られた「大ネタ」は偶発的にしか出来ないものなのだろうか
募金が偶然の産物だったんだろうか

生意気で口に出すことすら憚れることを考えていたのだがもうこんなことを考えなくて済む。

卯月に時間が出来たのか
卯月がなんらかに気付いて吹っ切れたのか

正確なところはよくわからない。

ただ卯月はこれからストーリーを意識したネタを生み出すのであろう。
近いところで2018年のキングオブコント、遠いところで卯月の素晴らしき未来の幕開けに期待と楽しみが生まれた。

この日のトークライブで私の中で卯月に対してほんの少し抱いていた違和感が完全に拭われた。
いささか身勝手な感慨で共感は得られないかもしれないが、トークの面白さ奥深さに加えてこれがあったからこそ10倍の値段を払っても高くないと思えた。

改めて、卯月のこれからには期待しかしていない。


オマケ

ShibuyaLoft9
ロフト系の中でも比較的新しく、新宿ロフトプラスワンの風格にはまだまだ敵わないと言いそうになるが私がこのライブハウスをロフト系の中でもこよなく愛する理由がある。
下手前方側の席である。
ここがピンとくる方はいるだろうか。
演者と同じ目線で真横からステージを見る形の席。
[:W300]

ステージをこのように撮れる席。

壮観かつ快適な席ゆえ通常時間帯のライブでは即埋まっていることが多いのだが、オールナイトということで比較的余裕があったため迷わずこの席に座った。
ただ場合によってはここ、関係者が座る席に見られることもある。実際初めて行く方は座っていいものかどうか戸惑うとも思う。
私が居眠りしている間、同行の友人が「今日マネージャーさんいらっしゃってますか」と聞かれたのはご愛敬。



トンツカタン×卯月×岡野陽一といかちゃんの「オールナイト9」
日時:2018/3/30(金) 24:30~ 240分※休憩あり 場所:LOFT9 Shibuya(渋谷)
料金:前売:1000円  当日:1200円

*1:正確にはラママ新人コント大会。コント赤信号リーダー渡辺が主催する若手発掘ライブ。コント以外のネタもある。音楽ライブハウス渋谷ラママで30年前後月1で開催中。コーラスライン・準一本ネタ・一本ネタの3レベルに分かれて開催されるライブ。卯月は2018年3月現在準一本ネタランク。

*2:私はあれを「卯月方針会議」と呼んでいる

*3:と私が呼んでいるだけなのだが実際世間の評価もこの募金で上がったと推測する