アマガエルの大合笑

更新速度:ポルシェ程度 ぴろよによるお笑いLIVEブログ

バカ爆走 コントの日 2018-06-04-076

イライラと蔑みの合間に

世間の広さは人それぞれ。広けりゃいいってもんじゃないけれど世界が狭い人が気を付けた方がいいのが「自分の許容量(ないし器)が小さいことを自覚していない上に他人にその狭い世界の価値観を押し付けるのは最悪」ということだ。なんだか最近その「狭い世界」とやらに留まっているのなら一向に構わないのだけれども明らかに目障りな言動をしてくる輩が多く、それを無視出来ない自分に嫌気が差している。と、そんなことを考えてたがこれからの記事にはあまり関係ない。

それでも募金は超えない・・・が

卯月の新作が見たくて足を運んでいるが1月の単独後あまり新作をやらなくなったので少し足が遠のいていたライブ。
そろそろかな、と思っていたら新作にあたった。卯月には「募金」という私の中で最高の名作があって----どう最高かというと設定・演技力・ストーリー展開の3拍子が高水準できちんと揃っているところなのだ---だからこそ以降どのコントを見ても「面白い。それでも募金は超えない・・・」と期待100%から出るセリフなのだが聞くタイミングやテンションによってはいちゃもんとも取れる感想を常々口にしてきた。ごめんなさいね、なんかいろんな人。今回見た「路地裏でー私は酒井尚史」も「面白い。それでも募金は超えない」がとてもアリだった。改めて卯月の引き出しの多さ、それに伴い隠しても滲み出てしまうポテンシャルと可能性を感じられた。BGMの使い方、彼らの才能の一つかもしれない。
しんぷる内藤・吉住の安定でハイレベルのピン芸にとても満足し、バイオニがなぜ世に広く出ないのかと頭を抱えつつ腹も抱えて笑いながら、ゲストのわらふぢなるおにはじわじわと感動、ってな総評。わらふぢなるおは同じお約束を繰り返すだけのコントかと思いきや、言葉のチョイスと間と演技で深い笑いにもっていく。さすがファイナリスト。最後の照明の使い方まで見事。

徒歩45歩程度離れたバティオスで別ライブがあるので最後の即興コーナーを全て見ることなく退散


書くのが面倒なのでメモで

バカ爆走
日時:2018/6/4(月)18:30~ 110分?
場所:ミニホール新宿Fu-(新宿)
料金:前売:1000円  当日:1300円