アマガエルの大合笑

更新速度:ポルシェ程度 ぴろよによるお笑いLIVEブログ

バカライブ 2018-06-04-077

芸人のTV出演

舞台の上、生、ライブ・・・で活躍している芸人がそのまま画面の中で活躍出来るとは限らない。普段少し特別な感情を持って舞台上の彼らを見上げている、というような存在の芸人がTV出演というのはある種の緊張を伴う。舞台の上、生、ライブ・・・の力が存分に発揮出来ていないという肩透かしのような裏切られたような歯がゆいような、そのどれとも違うような残念な気持ちを何度も味わってきたからだ。その点、今一番安心してTV出演を心待ちに出来る*1のは、神田松之丞である。6月22日(金)にフジテレビ系で放映されたダウンタウンなうでの活躍は言うまでもなくパーフェクトだったし、笑点やENGEIグランドスラムでも彼の良い部分のプレゼンテーションとしては満点だったのではないだろうか。私が彼を知ってからということになるのでそれ以前は知らないが、某情報系番組では「あれ?もしかしてすべ・・・いや、かみ合ってない?」とこちらをドキドキさせるようなこともあった。しかし本人の佇まいがそんな悪い空気どこ吹く風とドッシリ構えていらっしゃるので、とにかく安心なのだ。メジャー向きという芸風とか人格ってあるのかもしれない。


私が様をつけて呼ぶ芸人は松之丞ともう1組だけだ。様のあとに♡がつく感じでもない。説明が面倒なのであまり人前では言わないようにしていたしtwitterなんかで呟く予定はなかったのに。酔っぱらっていた。まあいい。それくらい安心のダウンタウンなうだったということだ。
TV出演をきっかけに、熱心なファンの方々がTVで初めて松之丞を見た(そしてなんらかの感慨を得た)人向けに情報を流したりしてtwitterが少し賑やかになっている。見ていて安心な芸人がTV出演した時の一番望ましいタイプの風物詩だ。私も何か見つけてみようかなと思ったらこんなものが。

www.asahiculture.jp

これは行こうというのと仕事の幅が広いというのが本当に羨ましい。
さてこれから本文。もう松之丞は一回も出てこない。

バカ尽くし

バカライブの会場から徒歩45歩程度離れた会場でのバカ爆走からハシゴ。バカ尽くしで気持ちの良い日。
当のこちらのライブ、梅エースが主催で何度か開催されているが毎度毎度超満員(?)の豪華なライブ。
とにかく出演者が多いのと、多いのに「なんだか少し変な模様」という雰囲気をプンプンに醸し出す。私にその自覚はなかったし今でも若干モノ申したい気分もあるにはあるのだが、大学時代の後輩が私の笑いの趣味(漫才やコントに限定されていると思うが)を取り上げて「昔からいわゆる王道はあまり見ない気がする」と称したりする。そしてバカライブ、私好みの出演者が多い。そういうことなのだろうと思う。
写真撮影に若干制限があった((撮ってもいい。ネットに上げちゃダメ)されていたのは事務所に内緒で出演している芸人もチラホラいるから。
内緒の芸人ほど特筆すべき記憶があったりもするが、それをごまかしながら書くのであればストレッチーズがコント・ランジャタイ・ぽんぽこあたりがとても印象に残っている。それと牛女・佐野がネタ中足の指に異様に力を入れていたのが妙に頭に残っている。そう最前列だったのだ。圧倒されすぎる。この日考えたのが、大喜利の強さとネタの面白さは切っても切れないようで別モノなのだなということ。


ネタ:面倒なのでメモ。コントも漫才もやる、または普段とは違う形式をとった出演者に関しては(漫才)等の注意書きあり。


バカライブ
日時:2018/6/4(月)20:00~150分
場所:バティオス(新宿)
前売:1800円 当日 2300円

*1:さらに注をつけるならば私が今特別な感情を持って見上げている数十組の芸人の中で