アマガエルの大合笑

更新速度:ポルシェ程度 ぴろよによるお笑いLIVEブログ

さらば青春の見取り図 2018-03-18-041

ワーキャーの代わりに

私の移動に「均す」という概念がない
先週は大阪⇒千葉⇒大阪・神戸と自宅にいる日数が極端に少なかった。
まるで売れっ子だが関東から一歩も出ない月だってある。

そんな予定が決まりつつある時期にさらば青春の光と見取り図のライブ「さらば青春の見取り図」が目に入った。

※このバッチ、よしもとはザ・森東に許可はとっていないらしい。 実は今回の大阪入り、日曜でも十分間に合ったはずなのだがこのライブのために前日の18(土)に大阪入りした。
次のM-1でも話題をさらうのではという見取り図と、キングオブコントでしずる・うしろシティとの三つ巴を(私が)願ってやまないさらば青春の光*1
この二組が満を持して初めてユニットライブをやると言った上、私は今年特に「初のユニットライブ」の言葉に非常に弱い。


行かない理由がない。

ただそこまで2組のことをわかっているわけではなく、さらばがまだ松竹で大阪にいた頃、よしもとの劇場に多数立っていたことやレギュラーライブまで持っていたこと*2を持っていたことや、2組が同期で昔から仲が良かったことなどは今回のライブで初耳。

2-3年前ルミネのイベントで久々に*3見取り図を見かけた際に感じた「エライ華があってキレイ」

見取り図・盛山はもっとデカくもっと小汚かった。今はこうなんというか芸人としての美しさを全て兼ね備えていると言うのがピッタリだ。
同じく見取り図・リリーも今や顔の整ったボケの好青年として女性からの人気も絶大の様子だが、昔はもっと汚かった。
(これも今回のライブで初めて知ったのだが)リリーは長髪でハットを被っている風貌からNSC時代からの同期に「リリー・フランキーみたいやな」と「リリー」のあだ名を付けられたことからそれがそのまま芸名になったそうな。リリー・フランキーは今でこそ素敵なおじ様だが、リリー・フランキーに似ていると言われていた人物が小奇麗なわけがない。
見取り図ってもっと汚かったよね?と言っても誰も信じてくれない。
キレイな見取り図に私は未だ慣れていない。
しかしネタはと言えばキレも確かで、5分前後の漫才で無駄な間がない。こちらはまんまとずっと笑わされる。
ツッコミ・盛山の「あたおか(=頭おかしい)」というフレーズがM-1敗者復活を機に全国に轟いた(?)が
第2弾*4としてのおっかく

オッサン確定のことらしい。まず「オッサン確定」という熟語もなかなか味わい深い。
「あたおか」のただのツッコミフレーズとはしておけないブレイクの感じを第二弾であるおっかくが見劣りすることなく追いかける。ブレイクフレーズが続編もクオリティを保ち続けるという例はそうそうお目にかかれない。音感だけではなく盛山の的確なツッコミスキルあってのフレーズだということをきちんと理解させられる。リリーのボケもますます独特で、ただ淡々としるため笑いの先にうっすら恐怖を感じる。
キレイで怖い、それが今の見取り図だ。


普段あまり観る機会がない見取り図にばかり話が集中しているが、今回よかったのはさらば青春の光の「普通の尺(9-10分)」のネタが堪能出来たことだ。
とっくに気付いていて、ただライブで「短めの尺(3-5分)」をよく見かけるからすっかり忘れていたのだが彼らのネタは前振りで驚くほど笑いがおきない,、ということを再確認出来た。別に起こそうともしていない。「日常にありそうでやっぱりよくよく考えるとない」というシチュエーションを説明し、客に着いてこさせるという丁寧な作業のためだ。しかし賞レース向きの4分前後のネタで笑いを量産する*5彼らはどうして「笑いの無い時間」に耐えられるのかこちらは考えれば考えるほど不思議な気分になる。後段の爆笑に継ぐ爆笑に対する自信ゆえかもしれない。ネタ全体における笑いの総量。さらばは常にこれを見ている。


「満員やな。ミキと和牛やんけ」「俺らワーキャー言われる部類じゃないのに」(さらば青春の光)
「いやクマムシとピスタチオや」(見取り図・盛山)
こんな自虐ではじまったライブ*6だが、大勢の立見まで出たこのライブでワーキャーの代わりに「笑い泣き」を会場のそこかしこからかっさらってライブを締めた。


まだ軽い冗談のレベルかもしれないがエンディングで特番や東京開催という単語もチラついた。
是非大阪以外の場所でも多くの「笑い泣き」を巻き起こしていただきたい。



レポ的な

見取り図・年相応のファッション
さらば青春の光・医学部を辞める
見取り図・理想の時間割
さらば青春の光・カラオケに忘れ物


さらば青春の見取り図のどうなん?

互いへの質問。時間がなくさらば⇒見取り図と事前アンケートの質問のみ
東ブクロ⇒リリー「なんでリリーって言うん?恥ずくない?」
森田⇒盛山「NSCでラップの授業って何?ショーバンって何?モテたいやろ?」
その他、ギャラ事情・4人の中で一番人気・好きなカップ等。

さらば青春の見取り図 頑張ろうのコーナー

ゲームコーナー。5勝で打ち上げ代が出る、出来なかったらさらばは交通費・宿泊費自腹だが3勝しか出来ず。


もっとどうでもいいおまけ

大阪は本当に様々な幅の様々な食べ物であふれている。
最近は大阪にくると洋食をいただくのが常なのだがこの手のうどんの懐かしさと美味しさたるや。


吸い寄せられるように店に入ってしまう。
食べるのが早い私のせいでもあるが食べ終わってもまだ湯気のたつ出汁にこのボタンの意味を知った夜。

ただこれだけはわからない。

ATMの上に一口だけ食べたコンビニのお菓子。これはうっすら怖い。
色々な怖さを味わった夜であった。



さらば青春の見取り図
日時:2018/3/17(土) 20:30~ 90分 場所:よしもと漫才劇場(難波)
料金:前売:1800円  当日:2000円
120db

*1:ゆえ、2017年のキングオブコントで「出し切ったのに勝てなかった」さらばがもうキングオブコントへの出場はしないかもしれないという発言。ライブで耳にしたものだがこれはあの場の悔しさゆえ口が滑ったのだとしていただきたい

*2:さらに東京に来て森東を立ち上げてからも関東よしもとでの出演回数は相当なものらしい

*3:2008-2009年あたりモンスターエンジン目当てで大阪のbaseよしもとに頻繁に足を運んでいた際、周辺の芸人に多少詳しくなったりした時期もあった

*4:本当はもっとあるのかもしれない

*5:実際決勝にも多く進出している

*6:どうでもいいことかもしれないが、さらば青春の光に出待ちがあまりいない、特に沸きに沸いた単独ライブでの出待ちが0人だったエピソードはやや意外であった